エコプロダクツ2010展示レポート(MCP印刷編)

エコプロダクツ2010展示レポート(MCP印刷編)いばらき印刷株式会社ブログ 昨日は、エコプロダクツ2010の全体のご紹介でしたが、
本日は、当社がご協力させていただいた日本フォトケミカルの
ブースのご紹介です。

MCP印刷システム1
想像以上に、お客様の反応はとても高いです。
ブースも思っていたより広く、場所もとても良いところでした。
エプソンやゼロックスブースに近く、とても人の流れが多いです。

MCP印刷システム2
興味が高いのですが、なかなかMCP(マイナスカーボンプレート)の
説明が伝わらないようです。PS版を使って?!PS版って何???
では、最初からみたいな感じのやりとりがあるようで。。。

MCP印刷システム3
 なぜ、二酸化炭素排出量が削減できるのか?  
  印刷会社が印刷する時は、PS版(アルミ二ウム)と云う金属を印刷版
として使用します。そのPS版アルミ二ウムを作る時には、ボーキサイトと
云う原料から大容量の電力を使用して作るのです。(電気精練)従って
アルミニウムは、電気の魂と云われています。
通常云われていることは、アルミ二ウム冶金の単価の60%は電気代で
あると云うことです。
MCP(マイナスカーボンプレート)では、PS版をリユースすることにより
アルミニウムを精錬するときの電気を使わず、何回もPS版を再利用
するので、CO2を削減することが出来るのです。

MCP印刷システム4
二酸化炭素削減数値を二酸化炭素排出量を信頼できる、環境省・経済産業省
認定の第三者認証機関 (株)日本スマートエナジー が正式に査定、審査、
確認して、二酸化炭素排出削減量の具体的数値を御社CSR報告書・株主報告書
・各種環境法令申請書等の正式文書等にそれを謳うことが可能です。

MCP印刷システム7
また、MCP印刷をご選択いただいたお客様は「マイナスカーボンプレート」の
売上げの一部を資金源とし、違法伐採などで荒れてしまったインドネシア国
バリ州の国定公園内に、現地の植生に合った樹種を植えて森林を再生する
事業に参加したことになります。植林・植樹後の管理には現地の労働力を
活用し、雇用促進にも役立ちます。間接的に植樹に寄与されることとなり
ますので、お客様が地球温暖化防止、社会貢献したことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.