モニタキャリブレーション(3)色って何

モニタキャリブレーション(3)色って何いばらき印刷株式会社ブログ 今更ではありますが、色って何かを考えてみます。ちょっとおかたい話になりますがおつきあい下さい。
 色とは人間の視覚によって得られる感覚です。重さや大きさを表す物理的なものではなく音色や臭いのような心理的な感覚の一つです。その為、人間によって同じ色を見ているはずでもそれぞれの人間が受け取る色の印象は異なってきます。
 人間の目が認識できる色は「可視光線」という電磁波のうちの特定の周波数で表されます。紫色に見えるとされる360nmから赤く見える830nmの部分を指します。周波数が低い方から順に紫>緑>青>黄>橙>赤と見えます。紫色に見える波長よりも短い波長を紫外線(紫色の外側にある光)、赤色に見える波長よりも長い波長を赤外線(赤色の外側にある光)と言います。

 人間の目はこの光(電磁波)を、角膜の後ろの水晶体、ガラス体を通過させ、眼球の奥の網膜上で像を結びます。網膜には視細胞がたくさんあって光によって刺激を受けると、それを信号として脳に伝えて画像として認識しています。ちなみに網膜に映る像は、実際は逆像なのですが、脳がその情報を正像へ変換して認識しています。
 こうして考えてみると人間の目の仕組みはデジカメの構造に似ていると思います。水晶体は、フォーカスレンズ 網膜と視野細胞はCCDで脳がメモリカードになりますね。しかもデジカメは人間と違って近眼や老眼にはなりませんからとてもうらやましいです….と最近小さい文字が読みにくくなったおぢさんは考えます。
(-_-)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.