Open Office を使ったレイアウト作成8

Open Office を使ったレイアウト作成8いばらき印刷株式会社ブログ前回から時間が空いてしまいましたが、OpenOffice Drawを使用したチラシ用のデータ作成の続きをご説明します。

前回はここまで作りました。
今回は下の小さい枠の部分のレイアウトを作ります。

「茨城産」の書体は「MSゴシック」でサイズは13ポイント。「メロン」の書体は「HGP創英角ポップ体」でサイズは26ポイント。
「1個」の書体は「HG丸ゴシックM-PRO」でサイズは18ポイント。「480」の書体は「Brush Script MT」でサイズは60ポイント。
「(税込)」の書体は「HGS創英角ゴシックUB」でサイズは12ポイント。「円」の書体は「HGS創英角ゴシックUB」でサイズは18ポイント。
1個の枠の大きさは幅1.56cm×高さ0.84cmです。パーツの配置ができたら、シフトキーを押しながら枠内のオブジェクトを選択して、府ループ化を行ってください。

それができたらそれを6つの枠内にそれぞれコピーしてそれから内容を修正してください。

このように、同じものをとりあえずコピーしてからそれぞれの内容を修正してください。

この続きはまた後で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.