インクジェットプリンターによる新たなビジネスモデル

インクジェットプリンターによる新たなビジネスモデルいばらき印刷株式会社ブログ 印刷機と違ってインクジェットは、バリアブルで印刷できることが
付加価値となってきます。FFGSやメディアテクノロジージャパンが
平版のインクジェットを発表していますが、はたして導入が進むのか
懐疑的です。確かに、付加価値はありますが値段があまりにも
高すぎます。菊全機が替えるくらいです。それで毎時6,000回転ぐらい。
これではちょっと、小企業には手が出ません。そんなお金があるなら
菊四か菊半の機械を入れた方がよほど仕事が回りそうです。
品質は良いんだけど、値段がね。。。あれ、どこかで言われたなこの台詞。。。

メディアテクノロジージャパンが、8月18日(水)から21日(土)10:00から
18:00 東京・科学技術館にてPODトータルソリューションショーを行い
ます。バリアブル印刷、サインディスプレイなど新たなビジネスモデルの
紹介を行うようです。今後、益々価格競争の激しくなる印刷業界なので
新たなメシの種を捜していかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.