ビットマップソフトについて

ビットマップソフトについていばらき印刷株式会社ブログ今回は使用する写真加工のビットマップソフトウェアを考えます。
 写真を扱うフリーのビットマップソフトウェアとしては「GIMP(ギンプ)」が一番有名(但し社内比(^^))だと思います。
 レイヤー機能も備えており、Ph●t●sh●pのようなかなり高度な編集作業が可能です。
 機能をすべて使うと突き詰めるときりがないで、目的を絞って、
 1.デジカメからのデータの取り込み
 2.写真の大きさと解像度の変更とトリミング
 3.明るさとシャープネスの調整
 4.修正した写真の保存
この流れで作業を行います。
次回は実際にgimpをダウンロードしてインストールしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.