音楽ソースのハイレゾ化

音楽ソースのハイレゾ化いばらき印刷株式会社ブログここ1~2年、オーディオ愛好家の中でトレンドとなっている、ハイレゾ音源による、音楽鑑賞がいよいよ一般的になってきたようです。e-onkyoやcriptonなどが、ハイレゾ音楽の配信サービスを開始しています。「http://www.e-onkyo.com/」「http://www.hqm-store.com/
ハイレゾ音源とは音楽CDに記録されている情報量(16bit/44khz)を超える情報量を持った音楽ソースを言います、音楽CDに入っている情報量を1とした場合、24bit/96khzになると3.3倍、24bit/192khzになると6.6倍の情報量となり、より繊細な再生が可能です。
情報量が増えるとどんなことになるのか?実際に音を聞いていただくのが手っ取り早いのですが、とりあえずの例えとしては、アナログ放送の画面とデジタル放送のハイビジョン放送を見比べた時の画面の鮮明さの違いとお考え下さい。アナログ放送では判りませんが、ハイビジョン放送では出演者の髪の毛や目尻のしわまでが見ることが出来ます。
同じ、演奏をCDとハイレゾ音源を聞き比べると、CDでは聞き取れなかった、より小さな音や楽器を演奏する人の息づかいまでが聞こえたりします。音楽自体のダイナミックレンジも大きくなるため、楽器の音色もよりリアルに聞こえるようになります。
インターネットを経由してCDでは入りきれなかった音が詰まったハイレゾ音源を簡単に入手出来るようになりました、良い時代になったものです。
海外レーベルだけではなく国内のポップスなども、配信が始まっているようなので、青春時代の思い出の曲がハイレゾ音源で聞くことが出来るかも知れません。興味のある方は一度調べてみてはいかがでしょうか!

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.