GIMPを使用した写真の加工1

GIMPを使用した写真の加工1いばらき印刷株式会社ブログ「一週間のご無沙汰(更新)でした。玉置宏でございます。」※私は玉置宏さんではございません。ちなみこのフレーズ知ってる人は昭和30年代以前に生まれた方かも!
 更新意欲はあるのですが(ホントか?)、年度末始の忙しさにかまけて更新が滞りがちです。…(^^;)、でもこのblogのコンセプトは「ゆるーく」なので焦らずのんびり(しすぎかも)と行っていきますのでご覧の皆様も大海原のような広~い心でおつきあい下さいませ。
 前置きが長くなりました。前回はGIMPのインストールを紹介しました。続きまして今回はGIMPを使って印刷に使うデジカメ写真の加工をやってみましょう。
 まず最初に、皆さんはデジカメで写真を撮り、プリンタで出力したことはあると思いますが、撮影したときのイメージがキチンと表現されおらず「なんか違うんだよな~」と思ったことはないでしょうか?
 ピントが合っていなかったり、画像がぶれていたり、写したいものが写真中心部で小さすぎて「よく見えない」などという場合もあると思います。
 しっかりフレーミングを行いホワイトバランス等を調整して印刷ができれば良いのですが、実際にはとりあえず、パシャパシャと撮影しておいて後から見直すというパターンがほとんどだと思います。見直した後で再度取り直しができれば良いのですが実際には、時すでに遅しで再撮影なんか(子どもさんやペットの仕種など)できないのがほとんどだと思います。そこで今回は撮影した写真をできるだけ綺麗に見せるかについてをご案内します。
綺麗に写真を見せるためには
1.表示エリア(トリミング)、2.カラーバランス(ホワイトバランス)、3.明るさとコントラスト、4.シャープネスこの4つが重要と考えます。それでは実際にGIMP使用して4つの作業を行ってみます。私のヘボな写真での説明ですがご了承ください。(悪い写真をいかにそれなりに見せるかが目的なのでヘボでいいんじゃん(^^;))
おっと、文章が長く成りすぎそうなのでとりあえず今回はここまでで改めて仕切り直しとします。

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.