ゴーヤレポートその3

ゴーヤレポートその3いばらき印刷株式会社ブログ 先週の土曜日に関東地方では梅雨が明け、その日以来連日30度を超える真夏日が続いております。例年よりも10日程度早い梅雨明けだそうですが、節電・省エネが叫ばれている今年の日本にはつらい梅雨明となりました。
 人間は暑さにやられて、へろへろですが、植物は太陽を燦々と浴びて元気いっぱいです。昨日、当社のグリーカーテンで育てているゴーヤが実り、1回目の収穫を行いました。

栽培を開始して約40日で立派な実をつけてくれました。下の写真が今回収穫した4本です。
長さ約15センチ、直径約3センチの大きさです。今回収穫には至らなかったものの成長を続けている実もあと7本程度あります。
上の写真は5月末に買ってきた苗を植えたときの写真です。

グリーカーテン開始から約一月が経過した6月27日の写真です。この段階ではまだあまり成長していません。
グリーカーテンとはとても呼べないお粗末な状態でした。今年は梅雨らしい日が続き曇りの日が多かったので、成長には適さなかったのかもしれません。

この写真は昨日の収穫前に撮影したものです。2枚目の写真(6月下旬)に比べると成長がとても早いような気がします。当社周辺では6月下旬から30度を超える日が続き、日照時間も多かったように記憶しています。前にも書きましたが、人間がへたる気候になるとゴーヤはいっそう元気に育つようです。花も沢山つけておりまだまだ実がなりそうです。ただし、本来の目的であるグリーカーテンの役目を果たすにはもう少し成長してもらいたいところです。
 収穫したゴーヤを一本もらい受け、昨晩早速ゴーヤチャンプルを作って食べました。日に日に大きくなっていく実をながめなら過ごしてきた私にとって、自分達で育てた(実際にはほとんど何も手伝っていないけど)食物を自分で収穫して食べるというのはとても感慨深いものがありました。
 あまりにも高度に発達しすぎた今の世の中は、衣食住の生活ほとんどを、お金という対価を支払い手に入れるのが当たり前になってしまい、私たちは自己で完結できるライフスタイルを忘れてしまっているような気がします。今更、自給自足の生活に戻ることなんで実際にはできないでしょうけれども、自分で作り育てる事の大切さを、ゴーヤチャンプルを肴にビールを飲みながらしみじみ考えた、昨日の私でした。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.